タブレット 便利なコンピュータ

タブレット端末とは、パーソナルコンピュータの一種である。
 
タブレットは、薄型で軽く持ち運びが楽く、しかもスマートフォンより画面が大きいので見易いのがメリット。
 
このためノートパソコンより楽に使用することができる。
画面が大きく、手軽に使えるたため読書や新聞などの日常生活でも利用されるようになっており、ノートパソコンの代わりに使う人も多くなってきた。
 
では、一般的なパソコンとタブレットとの違いとは何だろう?
 
<パソコン>
画面サイズを大きく・広く使用でき見易く作業し易い
ハードディスクなどの大量データを扱える
CPU性能など処理性能に優れがある
各種周辺機器の接続が可能
 
<タブレット>
軽さ・大きさなど携帯性に富み、使用範囲が広がる
軽く・小さいので手持ち使用ができ
 
パソコンは、大きな画面が必要な作業、大量データ処理が必要な作業、高速処理などの作業に向いたコンピュータ。
タブレットは、高速な処理、大量のデータ処理を必要とせず、手持ち可能な作業に向いたコンピュータ。

用途によってパソコン、タブレットを使い分けることもできるでしょう。
例えば、ネッツ検索やメールなどはどちらでも可能でしょう。
資料作成、画像編集、動画編集などは、パソコンで。読書や新聞などは気軽にタブレット。。。などの使い分けができるかも。
 
タブレットもパソコンの一つなのでOSが存在する。
タブレットのOSとして、大別すると3種類あり、Android、iOS、Windowsの三種がある。
 
Windowsは、従来パソコンのOSなので通常パソコンを使っている人は、WindowsOSのタブレットに慣れるのが楽でしょう。
AndroidやiOSは、基本的にスマートフォンのOSとして広まり、タブレットにも採用されるようになっている。
AndroidのスマートフォンやiOSのiPhoneを使用している方は、タブレットも同じ操作なので容易に使えるでしょう。
 
タブレットのメーカーとしては、富士通、ソニー、NEC、レノボ、asus、ワコム、appleなどがある。
 
今まではスマホとパソコンを使っていたが、タブレットを使いはじめると、そのタブレットの便利さに気がつく。
スマホとタブレットでは、画面の大きさが違い、文字入力のし易さ・表示に違いが出て、タブレットの使い易さが一段上になる。WEB検索、メールの使用であればパソコンもタブレットもほぼ同じ。
読書も新聞もタブレットであれば気楽に読めて便利に使える。
 
タブレットはお薦めですね!

SNSでもご購読できます。